肌のお手入れをする際

肌のお手入れをする際に、多くの女性がきれいな肌質を作るためにケアをきちんとしているのがムダ毛のお手入れだとされています。
しかし家庭用脱毛器などの製品を使用した場合、脱毛ケアの際にかなりの痛みを感じて使用するのをやめてしまった経験のある女性はかなり多いとされています。
そこで肌へ負担のないケアを行う方法として、エステサロンや脱毛サロンで行われている光脱毛ケアを受ける女性が増えてきています。


光脱毛ケアは特殊な光をムダ毛の気になる部分に照射することで、ムダ毛に含まれているメラニン色素に反応する仕組みを利用してケアを行う方法です。
この仕組みによってムダ毛だけをピンポイントでケアすることができますし、肌に負担をかけずに痛みの少ない脱毛ケアを行うことができるメリットがあります。
しかし光脱毛はデメリットもあり、光脱毛を行ってすぐにはきれいにムダ毛が抜けるのではなく、自然に抜けるまで一定の時間が必要になってくる点です。


明日までにきれいな肌に仕上げたいと思っても光脱毛ではその場での脱毛ケアの完了ができないので、急いでケアをしたい女性には向いていないお手入れ方法になっています。
さらにムダ毛に含まれているメラニン色素は、日焼けしてしまうと肌細胞に蓄積されてしまう恐れがありますので、日焼けをした状態で光脱毛を行っても、ピンポイントな脱毛ケアができなくなってしまうデメリットもあります。
なのでケアを受ける前にはきちんと事前準備が必要なのです。

人間には毛深い人と毛深くない人がいます。 毛深かった私は、多くの人たちを恨んでいました。 「同じ人間なのになんで?」って、思春期の頃には親を責めたこともありましたよ。 家族内には毛深い人がいなかったから、余計に言いたくなってしまったのかもしれません。 そもそも、なんでムダ毛って生えるのかを知りたくないですか?

私は不思議に思って調べましたよ…。 だって、あまりにも不公平すぎます。 肌を守るために生えているのですが、服を着るのが当たり前となった現代では不要なものとして廃れていったのです。 毛深い人たちは、名残りとして残っているのだとか。 毛深い理由は一般的に遺伝と言われることもありますが、私を除いて家族も親戚もそれほど毛深い人がいなかったので遺伝だけが原因じゃないと分かりました。

一番考えられるのは、女性ホルモンが少ないことが原因だそうです。 女性にも男性ホルモンと女性ホルモンの両方があって、バランスが取れていれば女性ホルモンの分泌が優勢で毛深くなることはありません。 ところが、私のような人はバランスが崩れていたり、男性ホルモンの分泌が活発であったりして、毛が濃くなってしまう現象が起こるのです。

思い当たる節はいくつかありましたよ! 子どもの頃から、頭皮の脂が多い方でした。 赤ちゃんでも男の子は汗臭いとか脂臭いなんて言われますが、女の子だったのに私の頭は臭くなりやすかったことを覚えています。 このことを知った時、親を責めても仕方がないのかなと思いました。

気を付けた方がいいのは、女性ホルモンが多い方でも変化することがある点です。 無理なダイエットをしたりストレスを抱えすぎたりすると、男性ホルモンが優勢になることがあります。 よく女性でも「ヒゲが生えてきた」という話を聞きますが、これは男性ホルモンが優勢になっている証拠です。 脱毛をする予定がないという方は、生活を見直した方がいいですよ!

毛深いと脱毛時に痛みを感じるという情報を知って、脱毛に行く前はビクビクしていました。 「痛みってどれほどなのだろう?」って誰もが思いますよね? 痛みを感じるか感じないかには、こんなカラクリがあるのです!

■毛深い人は覚悟を
脅しているわけではありません! 多くの脱毛エステで使用されている光は、毛の色を作っているメラニンに熱が伝わります。 早い話が、黒いものに反応をさせるということになります。 毛深い人の場合、通常量のムダ毛が生えている人よりは表面にある黒い部分が多いのです。 最初の脱毛の時点では、毛が薄い人よりも光が反応しやすいのでどうしても痛みは感じてしまいます。

2回目以降は毛が少なくなっている状態なのでほとんど痛みは感じませんが、最初だけは痛みを感じると考えても問題ありません。 よく輪ゴムで弾かれた感じと表現されますが、本当にパチンとされた痛みです。 痛みは持続しないので、全然問題ないと言えます。 女性は出産の痛みにも耐えられる体のせいなのか、誰もが耐えられるほどの痛みだから心配ありませんよ!

■肌が黒い方は注意を
私は幸いにも肌が白い方なのですが、肌が黒い方も痛みを感じやすいと言われています。 脱毛エステの機械は日本人の肌に合わせているので、人よりも肌の色が濃い方は痛みを感じやすいです。 日焼けをした肌に施術してもらえないのは、光が肌の黒さに反応して毛に反応してくれないからです。

肌の色が濃くて心配な方は、体験脱毛をする前にテスト脱毛をしてもらうといいですよ! 完全にアウトであれば施術を断られるので、断られなければ問題なく施術が可能です。 光脱毛が難しい場合は、痛みのあるニードル法(針脱毛)を行っている医療脱毛を選べば脱毛ができます。